ホーチミンに行ったら訪れたい「ベトナム戦争証跡博物館」

ホーチミンに行ったら訪れたい「ベトナム戦争証跡博物館」

今回はベトナムのホーチミンにある「戦争証跡博物館」をご紹介します。 様々な展示品からベトナム戦争について知り、学ぶことができる貴重な場所であり、ぜひ訪れてほしい場所です。


戦争証跡博物館とは?

戦争証跡博物館とは、ベトナムのホーチミン市の3区にある、ベトナム戦争の歴史を綴る博物館です。

3階建ての展示館が中心で、敷地内にはベトナム戦争で使用された戦闘機や戦車の野外展示、
さらにはコンソン島刑務所の牢獄を再現した建物や売店があります。

展示館内では、大砲や爆弾などの遺物、当時の報道写真などの戦争の足跡をたどる各種記録が展示されています。
他にも戦後の品として、枯葉剤の犠牲となった人々の写真や、
世界中から集められた反戦ポスターを展示する児童向けのコーナーもあります。

さらに、ベトナム戦争中に命を落とした戦場カメラマンや報道写真家たちについて紹介する階もあり、
世界中のカメラマンについての紀行文が写真とともに飾られています。

日本人カメラマンも多く紹介されており、
ピューリッツァー賞 写真部門を受賞した沢田教一の『安全への逃避』
(これは私が高校生の時の世界史の教科書のベトナム戦争の箇所にも使われていた有名な写真で、
皆さんも目にしたことがあると思います。)や、
カンボジア内戦で命を落とした『地雷を踏んだらサヨウナラ』で知られる一ノ瀬泰造を紹介する文と、
彼が愛用していたカメラ(弾丸が貫通している)の写真などが展示されています。

日本共産党が提供するコーナーには、当時の日本での反戦運動の様子や、
赤旗紙の広告なども展示されています。

開館時間は、7:30~12:00, 13:30~17:00となっています。
お昼の時間は閉館しているので注意してください!

今回は実際の中の様子や展示品、感想等をお伝えしたいと思います。

実際に行ってみた!

今回はベトナムのホーチミン市に来ました。

ホーチミン市中心部(目安としてはサイゴン大教会(聖母マリア教会))から
徒歩で15分、タクシーでは5分ほどで到着します。

入場料は日本円で約80円ほど。安い!

入り口を入ると、屋外にカッコ良い戦闘機がお出迎え。

戦争で使われたものとは言え、なかなか間近で見れる機会は少ないですし、
迫力があり興味津々で細部まで見てしまいました。

戦闘機の他にも、戦車なども展示されています。
実際に目の前で目にするとかなり迫力があります。

屋外には他にも、大きな不発弾や、捕虜の収容所、ギロチンなど
生々しい展示もあります。(写真は撮りませんでした・・・)

建物は三階建で、広く、解放的な展示場となっています。
様々な展示コーナーがあります。

まずは、ベトナム戦争とは何だったのか。
その経緯や様子について、多くの写真とともに学ぶことができます。

展示場は情報量が多いですし、ベトナム語か英語表記のため、
事前に少し勉強してから行かれることをお勧めします。

情報が少しでもあると、写真を見たときより深く、
ベトナム戦争について感じることができると思います。

私が訪れた時は欧米人も多かったですが、ベトナム人学生もたくさんいました。
私たちが広島の原爆ドームを修学旅行で訪れる、というのと似た感覚だと思います。

実際に使われた銃や実弾ばかりが展示されているコーナーもあります。
その銃が使用されている写真とともに展示されているので現実みがすごい。

日本人としてはこういった銃を見る機会もないので、
実際に目にするとやはり、おそろしい気持ちになりました。
中には、銃を向けられているベトナム人の写真や、
打たれて死んでしまっている人の写真もリアルに展示してあります。

こちらは実際の爆弾。
さらに壁には街の様子も。

展示品には、なかなか衝撃的な写真が並びます。
戦争に苦しむ人々の姿、泣き叫ぶ子供の姿、
枯葉剤の影響を受けた奇形児のホルマリン漬けまでも。
(写真はここには掲載しません・・・)

有名な写真を一枚ご紹介します。
冒頭でも触れましたが、これがピューリッツァー賞写真部門を受賞した
沢田教一の『安全への逃避』です。

教科書やテレビの報道で目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

このように、日本人ジャーナリストによる写真も数多く展示されています。

展示場は、順路通りに進むと徐々に終戦、そして平和へとストーリーが流れていきます。
こちらは終戦時の様子です。

また、ベトナム戦争は冷戦の代理戦争と言われており、
さらに強国アメリカが苦戦し撤退を余儀なくされた戦争です。
ベトナムだけでなく、米軍やその兵士も多くの死者を出し、
世界中で注目された戦争でした。

展示には、各国でのベトナム戦争報道の様子や、
各国で行われた反戦運動の様子も展示されています。

日本でも反戦運動が起きており、写真はその展示の様子です。

様々な国での報道の様子。

また、子供達の平和への願いが込められた絵の展示もあります。

この博物館の中で私が一番ほっとした場所でした。。

戦争を知らない子供達が平和についてどう考えていくのか。
さらに戦争の悲劇についてもどう継承されていくのか。

被爆国である日本人のひとりとしても、考えさせられる場所でした。

こどもたちの描く「平和」はとても素敵ですね。

以上で、ベトナム戦争証跡博物館の紹介を終わります。
たくさんの展示物があり、とても考えさせられる・勉強になる場所なので、
楽しい観光だけでなく、ぜひこういったところにも足を運んでほしいと思います!

この記事のライター

アジア大好きトラベラー

関連する投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!


【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

【バラナシ 】聖なるガンジス川の魅力!女ひとりでインド旅。

今回も、インド一人旅編。ヒンドゥー教の聖地、バラナシでの「ガンジス川」の魅力をたっぷりお伝えします!


インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

インドで最もカオスな街「バラナシ」に行ってみた!

今回は、これまでたくさんの国を訪れてきた筆者の一番のお気に入りと言っても過言ではない、インドの「バラナシ」 という街について紹介したいと思います!


3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

3000以上の遺跡が眠る街、ミャンマーの「バガン」

今回は、3,000以上もの遺跡が点在するミャンマーの世界遺産古都、「バガン」を紹介しちゃいます!


最新の投稿


神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

神々が住む街 ネパールの「カトマンズ」

今回は、バックパック女子ひとり旅「ネパール編」。ネパールの首都で、人の数より神の数の方が多いと言われている「カトマンズ 」を紹介します。


ラウンドスタイル

ラウンドスタイル

「春」は、なぜか新しい気分にしてくれませんか? 新しいことも始めたくなりますよね? さて、フラワーアレンジメントを始めたくなる、そして、フラワーアレンジメントの基本「ラウンド」というフラワーデザインを春をテーマに製作してみました。


“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

“数字の神秘”と2020年、“脳をだます”ことでパワーアップ!

私たちは、“心の時代”と言われるこの2020年という年を迎えています。 そこで今回は、「2」と「0」が繰り返される特別パワーある年(毎年何らかの意味ある年と伝えられてはいますが、今年は他年とは違うようです)にちなんで、あなたの未来を明るくする話を少しだけ、あなたのためにお届けしましょう!


聖夜のためのキャンドルアレンジ

聖夜のためのキャンドルアレンジ

星降る聖夜にキャンドルを・・・明日はクリスマスイブ。素敵なクリスマスをお迎えください。 キャンドルのリースの作り方を公開しました。 メリークリスマス!


「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

「世界三大仏教寺院」すべてに行ってきた!

今回は、アジア3か国にまたがる「世界三大仏教寺院」について紹介したいと思います。それぞれ世界遺産にも登録されており、非常に長い歴史を持った遺跡郡です!