塩の大切さ

塩の大切さ

スーパーに行くといろんな塩がありますよね? 何がいいかなて考えたことありませんか?塩て言ってもいまはいろんなのが出ています。 その中でもぜひ使って欲しい塩について書こうと思います(*^^*)


スーパーに行くと1キロ100円ぐらいだったり、200円だったりいろんないろんな塩があると思います。
でも、なぜそんなにも値段が違うのかと、疑問に思ったことないですか?

一般的にスーパーで売っているのは精製塩ていう塩です。今、一番使われているのがこの塩じゃないでしょうか?
精製塩てなんだろ?塩なんてみんな同じ、種類をかえても、ちょっと味がなんとなく変わるぐらいなんて思ってませんか?
私も、本当の塩のことを知るまではそう思ってました(^_^;)

塩ってなにかかって考えたことありますか?
みなさんが思い浮かぶのNaClだと思います。確かに、塩の味を感じるのはNaCl。いま、スーパーなど並んでる塩はほとんどNaClのみが入った塩が多いと思います。
ですが、これが本当の塩だと思ったら大きな誤解。
大切な微量ミネラルがほとんどなくなった、工業的な塩になってるんですΣ(゚д゚lll)

生理食塩水という名前で点滴にも使われてるぐらい、塩というのは人間にとってすごく大切なものです。
人は、海から陸へと進化の過程をたどってきました。元々いた海とは切っても切り離せない関係にあります。

では、なぜNaClだけでは、だめなのか・・・それは海にある微量ミネラルをほとんどない状態だからだめなんですΣ(゚д゚lll)
微量だからとらなくて大丈夫!ではなく、微量だからこそ摂取しないといけないんです!

①精製塩
海水をイオン交換膜という方法で電気的にNaとClを集めてそれを、塩として販売しています。海にある微量ミネラルはほとんど
捨てられています。実際、表示見てもらうとNaCl99.99%と表示していると思います。
みなさんがほとんど食べてるのは、この塩じゃないでしょうか?舐めると角がある・・・などなどそういう感じの塩です。

②〇〇の塩(〇〇産の岩塩使用)など
これもスーパーでよく見かけます。〇〇の海水をくみ上げて作った塩だと思っていたら、表示をよくみると原料は外国であったり
します。これも、微量ミネラルは精製塩に比べたら多いですが、人にはあってません。

③岩塩
岩塩とは、海水が自然に干上がってできた天然の塩です。
天然だから体にいいと思いがちですが、ミネラルによって結晶濃度が違うため、ミネラルによって層が分かれます。
で、私たちは塩の味がするNaClのところを掘り出すので、精製塩に似たような感じが多いです。←全く一緒ではないですが(^_^;)

④天日塩
海水を天日で蒸発させて、作る塩です。これだと結晶するときに微量ミネラルも一緒に結晶化して大切な微量ミネラルを摂取でき
ます。
これをスーパーで見るけるのは、結構大変(^◇^;)
天日塩と書いていても、組成みれば違う場合ありますしΣ(゚д゚lll)

今回は塩の種類 だけについて書きましたが次回はなぜ、大切なのかもう少し詳しく書いていこうと思います。(^ ^)



最新の投稿


イタリア、市場でローマを感じる!テスタッチョ市場

イタリア、市場でローマを感じる!テスタッチョ市場

ローマと言えば、トレビの泉、スペイン広場…と名だたる観光名所がありますが、『ローマの素顔』を感じるならmercato(市場)に出かけるのが一番です!


北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸の地に、江戸時代から港町として栄えた三国町(現・福井県坂井市)という地域があります。先日そこにご縁があって訪れた際、地元食材をふんだんにつかった評判のジェラート屋さんに立ち寄りました。今回の記事は、そのお店や原材料にまつわる物語の、ほんの一端を書いてみました。


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!