知らないと損をする?日焼け止めを効果的に使う方法

知らないと損をする?日焼け止めを効果的に使う方法

紫外線対策はしっかりしている!...つもりであってもうっかり日焼けをしてしまった!気づいたら肌が荒れていた!という経験はありませんか?? そんなうっかり日焼けや紫外線による肌トラブルを起こさないためにはどうすればいいのでしょうか。


紫外線の”UV-A”と”UV-B”って??

紫外線は、波長によってUVーA、UV-B、UV-Cの3種類に分類されています。
UV-Cは波長が短いためオゾン層に守られているため地上には届いていません。
現在地上に届くUVーA、UV-Bの特徴を調べました。
それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

照射量が多いUV-A

紫外線全体の9割はUV-Aと言われています。

波長が長く雲や窓ガラス、カーテンも通過してしまうので天候に限らず室内でも注意が必要です。

肌の深部の真皮まで届き、ハリや弾力の低下、乾燥、炎症等の肌トラブルを招きます。
UV-Aによる肌トラブルは光老化とも言われています。


UV-Aは年間を通して照射量が多いので、季節に関係なくUV対策が必要です。
UV-Aの対策は日焼け止めのPA指数を確認しましょう。

有毒性が強いUV-B

UV-Bの量は紫外線全体の約1割以下です。
割合は少なく波長は短いですが、UV-Aの約1000倍有毒性が高いといわれています。

UV-Bは、肌の表皮部分で肌細胞を損傷させるため、メラノサイトを活性化して、メラニン(シミのもと)を増やします。

1年の中で3月~10月頃に量が増えます。
UV-Bを防ぐためにはSPFの高い日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めの”PA”と”SPF”の指数の見方


日焼け止めには「PA」と「SPF」の表示があります。
日焼け止めを効果的に使うためには、それぞれの指数の意味を充分に理解しておくことが大切です。それぞれ、どのような効果を表しているのでしょうか。

PA(Protection Grade of UVA)

UV-Aを防ぐ"PA"の指数は4段階で分かれています。

効果がある       ・・・  「PA+」
かなり効果がある    ・・・  「PA++」
非常に効果がある    ・・・  「PA+++」
極めて効果がある    ・・・  「PA++++」(2013年1月表記開始)

UV-Aは年間を通して浴びる量が多いのでPA指数はしっかりチェックしましょう。
日常生活ではPA+++で充分と言われています。

SPF(Sun Protection Factor)

UV-Bを防ぐ指数で、日焼け(肌を赤くさせる症状)を遅らせます。

SPFの数値単位は20~25分を1単位とします。
SPF15の場合は、UV-Bを約5時間半遅らせるという目安です。

数値が大きいほど効果が長時間続きますが、肌への負担も大きくなり汗などで流れてしまうため
数値の低めのものを使用しこまめに塗り直すことをオススメします。

指数を理解できたら自分の肌やシーンに合った日焼け止めが見つかります。
用途に合わせて使い分けることを習慣づけましょう。

最後に...

いかがでしたか?

日焼け止めの効能を理解してしっかりと紫外線対策がしたいですね。
うっかり日焼けや肌トラブルをしないためには、
室内でも紫外線を浴びていることに気づき、日焼け止めは何度か塗りなおすことが大切です。
併せて日傘をさす、帽子を被る、サングラスをかけるなどの対策も効果的です。

日焼け止めを買うときは”PA”と”SPF”の指数のチェックしましょう。


この記事のライター

最新の投稿


世界遺産のヒンドゥー教寺院「プランバナン」に行ってみた!

世界遺産のヒンドゥー教寺院「プランバナン」に行ってみた!

今回は、インドネシアの世界遺産で、ヒンドゥー教遺跡の最高傑作とも言われている「プランバナン寺院群」へ行ってきたので紹介したいと思います!


バリ島に次ぐ人気観光地!インドネシアの古都「ジョグジャカルタ」

バリ島に次ぐ人気観光地!インドネシアの古都「ジョグジャカルタ」

日本の古都、と言えば京都ですよね。インドネシアにも、前回紹介したボロブドゥールなど世界遺産や遺跡が多くある、古都があります。インドネシアのバリ島に次ぐ人気観光地、古都「ジョグジャカルタ」について紹介します♪ 


世界遺産、インドネシアの「ボロブドゥール」に行ってみた!

世界遺産、インドネシアの「ボロブドゥール」に行ってみた!

今回はインドネシアレポートです!世界遺産、さらに世界三大仏教寺院として有名な「ボロブドゥール遺跡」に行ってきましたので、写真とともにお伝えします♪


世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

今回も、バックパッカーで訪れた世界遺産の街、カンボジアのシェムリアップについて紹介したいと思います!


カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

今回は、バックパック旅行中のカンボジアの首都、プノンペンで訪れた歴史的な「負の遺産」についてのご紹介です。日本で言うところの原爆ドームのように、それぞれの国には素敵な建築物の世界遺産だけではなく、重い歴史を背負った負の遺産も存在します。