美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いちじくの特徴

いちじくの特徴

いちじくの特徴

いちじくは世界中で古くから食用とされています。日本では江戸時代に中国から伝わり、現代では家庭菜園でも育てることもできる身近な果物です。

夏果と秋果があり、夏果は6月から7月、秋果は8月から9月が旬とされています。

ミネラル豊富

ミネラル豊富

ミネラル豊富

カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン等ミネラル成分がバランスよく含まれています。

ペクチン

ペクチン

ペクチン

水溶性の食物繊維であるペクチンは、腸の働きを促すため便秘に効果があります。食べすぎには注意してください。ドライフルーツで補うことができます。

酵素

酵素

酵素

酵素が多く含まれているので、生で食べる事で酵素のパワーを摂り入れることができます。朝食のフルーツや、ヨーグルトと一緒に食べても美味しいです。

いちじくとチーズのはちみつピザ

いちじくとチーズのはちみつピザ

いちじくとチーズのはちみつピザ

この時期(秋)に美味しい無花果を。

チーズをたっぷり乗せたピザ生地にたくさん並べて焼いて、焼きあがったらはちみつをかけます。
無花果とチーズのはちみつピザ!すこく美味しいです。

あとは落花生砕いて味噌とあえてチーズピザの上に乗せて焼いてもとっても美味しい。
秋の味覚を感じるアレンジレシピです。

いちじくのレシピは沢山ある♪

いちじくのレシピは沢山ある♪

いちじくのレシピは沢山ある♪

ドライフルーツや生のままでも食べられるいちじくですが、サラダやケーキ等にも多く使用されています。他の食材と一緒に組み合わせることでより取り入れやすく、さらに栄養価も高くなります。紹介したピザのようにチーズとの相性は抜群です。

いちじくは傷みやすい果物です。保存は乾燥しないようにビニール袋に入れてから冷蔵庫へ入れることをお勧めします。日持ちしないので早めに食べるようにしましょう。秋ならではのいちじくを使って新しいレシピを作るのも楽しいかもしれません。


この記事のライター

関連するキーワード


いちじく レシピ

関連する投稿


筍で心を元気にしよう♪

筍にはやる気を出す成分が含まれています。 5月病が出る季節に旬な食材です。


最新の投稿


MusikPlatzの音楽ひろば通信第1号【R.シュトラウス作曲「アルプス交響曲」】

第1回である今回ご紹介するのは… ドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウス作曲の「アルプス交響曲」Op.64


秀吉の天下統一最後の相手「九戸政実」の城だった九戸城の物語

「続日本100名城」に選定された史跡九戸城跡(九戸城)は、九戸氏の居城の時に壮絶な戦いのドラマがありました。 九戸氏の居城だった九戸城は、三方を川に囲まれた天然の要害で、五千の兵で豊臣の六万の兵をてこずらせた、豊臣の天下統一にむけた最後の戦場だったのです。


あなたは、セルフイメージを高めるだけでいい。奇跡を起こそう

いつもしっかりやっているのに、なんだかうまくいかない。 努力家なのにいつも報われない・・・。 もしそうなら、解決できますよ。


三陸には、源義経は死せず北上伝説が、各所に残っている

旅行先で耳にした「義経北上伝説」が気になり、旅行ルートに沿った地だけではあるが行ってみた。 奥州 平泉の館のあった衣川から、北上川を渡って対岸の岩谷堂、大股、世田米、宮古、そして八戸から津軽半島の三厩への足どりを伝える史跡がルート上に残されているのは本当にロマンにあふれている。


百年もの間、小田原城を中心に関東を支配していた北条五代を知ろう

戦国時代の関東の勇者、北条氏(後北条氏)の本拠地、小田原城に行ってきました。 北条5代にわたり100年もの間、関東一円を支配していたた戦国大名、北条氏は、豊臣秀吉によって、ついに降伏させられてしまいました。