1日2、3個の梅干しで無理なく簡単ダイエット! 梅干しに含まれる要素が大注目!

1日2、3個の梅干しで無理なく簡単ダイエット! 梅干しに含まれる要素が大注目!

今注目を浴びている梅干しダイエット。
食事制限なく無理せず痩せられるだけじゃなく、さまざまな効果も!
これを機にぜひはじめて見てください♪


梅干しダイエットとは?

梅干しダイエットとは?

梅干しダイエットとは?

1日2,3個。食事の前に梅干しを食べるだけの、簡単なダイエット法。
梅干しに含まれる「バニリン」という成分が重要です。
なんと、余計な脂肪がつくのを予防する効果があります。

ダイエット効果と効能

ダイエット効果と効能

ダイエット効果と効能

バニリン

バニリン

バニリン

体の中の脂肪燃焼をどんどん活性化してくれる成分です。
大人になって代謝が悪くなって太りがちに…という悩みを吹き飛ばしてくれます。

クエン酸

クエン酸

クエン酸

酸味成分で、疲労回復や美容効果でおなじみのクエン酸。
梅干しにも豊富に含まれています。
ストレスで食欲が増減してしまうのを事前防止するのにピッタリ。
また、血液サラサラ効果も期待も。
血の巡りが良くなって、美肌効果も期待できます。

その他にも…

その他にも…

その他にも…

梅干しにはカルシウムやマグネシウム、鉄分などなど。
美肌効果、殺菌効果、鎮痛作用効果も期待できます。

効果的な食べ方

効果的な食べ方

効果的な食べ方

脂肪燃焼効果のある「バニリン」は、なんと熱すると効果が倍増!
熱し方は簡単。電子レンジで熱しても、オーブンで焼いてもOK!
しかも1回焼けば、冷えてしまっても効果はなくならないので、保存もしやすいです。
ただし、塩分が多いので、1日に3個までが目安!
皆さんもぜひ、梅干しを食べて、健康的にスリムアップしてみてください♪


この記事のライター

関連する投稿


キュウリの意外な効能! 今日からキュウリをたくさん食べよう!

夏の旬の野菜「キュウリ」 実は低カロリーでかつ、さまざまな成分が含まれている野菜です。皆さんもぜひ、この機会にキュウリの魅力について知ってください♪


赤い果実&野菜を食してキレイ&元気になろう!

「赤色」は人が生きるのに必要なものと結びついている、といわれています。 そんな赤い果実&野菜に焦点を当ててみました♪


黒の力!お正月だけじゃなく、日頃から黒豆を食べよう♪

黒豆は自然からもらったサプリメント!だからと言って食べ過ぎてはダメですよ! 失敗しない黒豆レシピも必見です。


低カロリー高栄養「ズッキーニ」を食べて健康になろう!

低カロリーなのに栄養満点で、カロリーが気になる方にもオススメの野菜です! ぜひ、夏は旬のズッキーニを食べて、スリム且つ健康になりましょう!


スパイス料理で代謝UP!夏に負けないカラダを手に入れよう!

スパイスをふんだんに使ったカレーやメキシコ料理。実はカラダにもおいしい薬効が期待できることを知っていましたか。スパイスを活用して元気なカラダで夏を迎えてみませんか。日常に取り入れやすいオススメのスパイスをご紹介。


最新の投稿


無農薬野菜を食べたい!そんな人は【重曹・クエン酸ドリンク】の効果も知っておこう

最近、よく見かけるのが、「カラダにいいこと」。 そういう情報は、効果があればあるほど巷に広まりますね。今回ご紹介する 【重曹・クエン酸ドリンク】は、紛れもなくその最先端をいっているでしょう。 中には、もうやってるよ、と言う人も多くいるかもしれませんが、その効果を再確認してみませんか?


別れと出会いの時期。喜びの「タネ」をまくことで望む人生を。

春は卒業式の後は始業式と、言うなれば学生にとっては別れと出会いの時期でもありますね。誰もが心に涙する、そして、たくさんの不安と少しばかりの希望を抱えて、過去と未来へ自分たちの想いを馳せる時期なのかもしれません。 ですが、一人ひとりが出来る限り明るい未来を創造していってほしいものです♪


人は楽しむために生まれてきた

私たちは、どうしても過ごしていく上で、苦手な人や「嫌だなあ、好きになれない」という人と出会うことがあります。 でも、どうやったらうまく付き合えるんだろう、悶々とすることはありませんか? これを読むと、ちょっと気が楽になるかもしれませんよ。


2021年“風の時代”を生きる! 変化に対応して生きるコツ

2121年は、風の時代、という言葉をよく耳にします。 「グレート・コンジャンクション」という木星と土星が重なる日のことで、これは20年に一度起こる「時代の節目」であるとされています。 風の時代はいったいどんな影響を私たちに与えるのでしょうか?


苺(いちご)狩りの季節到来♪ 苺狩りを楽しくするための”うんちく”15選を順子の苺園で聞いてきた!

以前は、コンデンスミルクや砂糖をかけて食べていたものですが、最近の品種は甘すぎるため、そのまま食べるのが普通になりました。 一応、苺狩りでは、コンデンスミルクをお渡しますがっ。