人気記事一覧


収穫後の掘りたて時にしか味わえない『ゆで落花生』食べたことありますか?

収穫後の掘りたて時にしか味わえない『ゆで落花生』食べたことありますか?

千葉の名産といえば落花生。全国の生産量の約8割を占めているそうです。 その千葉に住み、旬には大量に食べていた「ゆで落花生」意外とみなさん知らないとのことで、ちょっと優越感!


やきいもミュージアムでさつまいもプリン作ってきました〜なめがたファーマーズヴィレッジ〜

やきいもミュージアムでさつまいもプリン作ってきました〜なめがたファーマーズヴィレッジ〜

茨城県行方市にオープンした「なめがたファーマーズヴィレッジ」の施設内にあるやきいもミュージアムでさつまいもスイーツ教室がオプションで開催されています。 お子さんが作れるように簡単レシピになっていますよ!


シルクスイート(さつまいも)の甘さに感激!

シルクスイート(さつまいも)の甘さに感激!

わぉ!糖度計で、普通のサツマイモを計ったら6.9%なのに、シルクスイートは、8.8%だった! これを低温でじっくり焼いて食べてみたい。 現在、10月から11月にかけて、群馬トミーファームでは「シルクスイート」収穫の真っ最中です!


千葉県の最南端 !! 太陽の恵みを贅沢に受けた野菜を育てる「南房総太陽農園」さんを取材してきました。

千葉県の最南端 !! 太陽の恵みを贅沢に受けた野菜を育てる「南房総太陽農園」さんを取材してきました。

色とりどりの花畑、蒼い海、四季を通じて素敵な気分を味わえる南房総! この大自然の恩恵を”ぎゅっと詰めた野菜”を育てる「南房総太陽農園」堀尾さんにお話しを伺いました。


白虎隊が眠る飯盛山に行って、幕末に「タイムスリップ」してみよう!

白虎隊が眠る飯盛山に行って、幕末に「タイムスリップ」してみよう!

白虎隊が飯盛山から城へ戻ろうとした時、黒煙に包まれる会津若松城(現、鶴ヶ城)が見えたので自害したと言います。実際、飯盛山からは、城が小さくて見えません。既に疲れ果てていた若者達は、武士として殉ずべき場を探していたのかもしれませんね。


「真田は日本一の兵(つわもの)」と武名を轟かせた”真田丸”その真田一族ゆかりの地、上田城周辺を紹介したいのだ!!!

「真田は日本一の兵(つわもの)」と武名を轟かせた”真田丸”その真田一族ゆかりの地、上田城周辺を紹介したいのだ!!!

戦国最強の武将「真田信繁(幸村)」の愛と波乱に満ちた激動の生き様は、今もなお人気を博し語り継がれています。 ちょうどNHK大河ドラマ「真田丸」が始まるとのことで、真田一族のゆかりの地、上田を訪ねてきました。


年初めだからこそ、福をいただきに七福神巡りしませんか?〜九十九里七福神巡り〜

年初めだからこそ、福をいただきに七福神巡りしませんか?〜九十九里七福神巡り〜

七福神を巡って御朱印をいただき、身近に置いて七福神のお徳を得ませんか? 全国には200以上のコースがあるそうです。 身近にきっとあると思います。


北の国で優しい時間を過ごす理由♪

北の国で優しい時間を過ごす理由♪

各地で、素敵なイルミネーションスポットの噂が聞こえてくる今日この頃。 毎日、夜が来るのが待ち遠しいですね。 ただ、人込みが苦手な私が求める癒しのスポットは、北の国にありました。


「リコピン」って!名前が可愛いだけじゃないスゴイやつだっ♪

「リコピン」って!名前が可愛いだけじゃないスゴイやつだっ♪

トマトの赤い色素は「リコピン」という成分で「抗酸化作用」が非常に強いことが知られています。 だから、トマトを食べると活性酸素を消すことになるんですね!?


世界遺産に登録されている毛越寺で、紅葉を愛でてみませんか?(紅葉狩り)

世界遺産に登録されている毛越寺で、紅葉を愛でてみませんか?(紅葉狩り)

毛越寺は、例年10月下旬から、浄土庭園の紅葉や楓が紅く色づき、大泉が池にもその美しい姿を映します。 平安時代の伽藍遺構との調和が素敵なコントラストを演出します。


庭園をゆったり散歩する時間も楽しいですよ。(*≧∀≦)φ

庭園をゆったり散歩する時間も楽しいですよ。(*≧∀≦)φ

一日中過ごしても飽きない庭園ってありますか? 庭園って、どこの庭園でも癒されます。でも、プライベート空間にできるところがなくて、結果、ゆったりできないと感じてませんか? そう!周りは無視して、自分の景色を堪能しましょう。


金沢で、目的もなく、ほんわか散歩してみた。

金沢で、目的もなく、ほんわか散歩してみた。

金沢にいったら兼六園!っと、みなさんおっしゃいますが・・・緩やかな時間を感じながら、いろいろな街並みを、まったり散歩してみるのもリラックス効果抜群じゃないかと思います。


日本の原風景「棚田」をみんなで維持しよう!

日本の原風景「棚田」をみんなで維持しよう!

傾斜地にある稲作地のことを棚田と呼びます。 傾斜がきつく狭い耕作地で、小さな田が規則的に集積し、一望の下にある千枚田(せんまいだ)に、日本人の心の奥にある原初の風景で懐かしさを感じませんか?


希望の一本松

希望の一本松

奇跡の一本松は、岩手県陸前高田市気仙町の高田松原跡地に立つ「希望の松の木」(実際はモニュメント)となった!


兼六園、それは、加賀百万石の文化を映す、歴史的文化遺産!

兼六園、それは、加賀百万石の文化を映す、歴史的文化遺産!

日本三名園の一つに数えられる、廻遊式の庭園に行ってきました。 (8月後半) もっとカメラの腕を磨けよって言われそうですが、落ち着いた雰囲気に癒されました。


鯉の名前の由来は「コヒ」(恋)?

鯉の名前の由来は「コヒ」(恋)?

鯉の名前の由来は「コヒ」(恋)とのこと。 所説ある説で「景行紀」に書かれているのがお気に入りです。 景行天皇が、絶世の美女の関心を引くため、泳の宮の池(岐阜県)に魚(鯉)を放して、その美女をものにしたといいます。 それで、その魚を”コヒ(恋)”(鯉)と呼ぶようになったそうです。


自然薯って知ってる? 食べたことあっても掘ったことある人は少ないよね?

自然薯って知ってる? 食べたことあっても掘ったことある人は少ないよね?

田舎暮らしを始めて、近所のおじいちゃんに”自然薯”の掘り方を教えてもらいました。すでに5年目に突入です。と言っても、一年に3~4本程度しか発見できないから、それほどの経験があるわけではないけれど。


メイドイン”むく”の野菜を食べてみたい。そんなこと・・・時々、ふっと思います。

メイドイン”むく”の野菜を食べてみたい。そんなこと・・・時々、ふっと思います。

やさしさに包まれて育った野菜たち! その野菜たちは、心やさしい人たちが育てています。 そう、障害者の支援活動をしている「自立センターむく」の畑は、ほのぼの野菜たちの小さな園でした。


自然栽培で美味しい野菜作りに挑戦中「白州おとなの里山塾」からのお便り

自然栽培で美味しい野菜作りに挑戦中「白州おとなの里山塾」からのお便り

南アルプス・甲斐駒ケ岳の麓、山梨県の白州から、笑顔と自然をお届けします。 「白州おとなの里山塾」で、一緒にオーガニックな生き方をシェアしよう (^^♪


年越し蕎麦(そば)の由来って、たくさんあったのですね!?

年越し蕎麦(そば)の由来って、たくさんあったのですね!?

台東区蔵前にある美味しい蕎麦屋さん「てらさわ」で、行くたびに蕎麦のうんちくを学習しています。ちょうど、年末ということで、店主の呟き”かわら版”は、年越しそばの由来でした。 年越し蕎麦は、江戸時代から庶民の間に定着をみた食習慣のようです。