シンガポールの「セントーサ島」で思いっきり遊ぶ旅♪

シンガポールの「セントーサ島」で思いっきり遊ぶ旅♪

今回はシンガポールの観光地、セントーサ島を紹介します☆テーマパークからビーチまで遊ぶところがもりだくさん!


セントーサ島はシンガポール島の南にある島!
レジャー施設がたくさん開発されていて、シンガポールにおける重要な観光スポットとなっています☆
島の北側は遊園地や水族館が並び、島の南側はビーチが続いていますよ〜

それではセントーサ島に出発♪

セントーサ島へはモノレールで行くことができます!
セントーサエクスプレスです!

MRTのハーバーフロント駅から向かいます

到着!

すでに多くの人で賑わっています

なかでも私のオススメはここ!
キャンディのお店、『candylicious』

お店の前にはこんなに可愛いキャンデーの木が・・・!!!
写真映えねらえます♪

ずらりとお店が並んでいます!

中はこんなかんじ!
壁一面キャンディー☆

キャンディ以外にも、チョコレートやクッキー、グミなど
外国感溢れるカラフルで可愛いお菓子がたくさん!

お土産に喜んでもらえます!

顔くらいの大きさだった、超大きいキャンディー。
可愛いけど、食べるのは大変そう。。。。

まず向かったのは、USS☆
ユニバーサル・スタジオ・シンガポールです!

わたしは中にははいりませんでしたが、
実はUSSに入場しなくても、周りにはたくさんのお店やレストランが並んでいて、
私はここだけでも楽しめちゃいました♪

レストランやカフェもたくさんあります!

超ビッグなハンバーガー!
に、またまたビール・・・!

とにかく暑かったのでビールは最高でしたー♪

次にやってきたのは、マーライオンパーク!
広々としていて気持ちがいい!
セントーサ島にもマーライオンがいますよ〜

こちらがセントーサのマーライオン!

ここからはビーチに向かいます♪
まず最初は「Siloso」ビーチ!

一つのエリアでいろんなところに行けるのが魅力☆

のんびり歩きながらビーチを目指します
とにかく暑い!早く海には入りたい!

見えてきました!

到着!
ここは、Siloso(シロソ)ビーチです!
とにかく海が綺麗!青空も最高!で、ヤシの木との相性がバッチリな写真ですね

近くのショップで水着が買えるので、忘れちゃっても大丈夫!

たくさんの人で賑わっていました♪

ビーチ沿いにはカフェやバーが立ち並んでいます

つずいてはお隣の「Palawan」ビーチに向かいます!

プールやウォータースライダーもあるんですよ☆

silosoビーチから歩いて付けます!
ここもなんとも南国〜な写真がとれちゃいました☆

最高のロケーション!

砂浜も綺麗。

セントーサ島の巨大カジノも行ってきました!

中に入るだけでもわくわく☆


セントーサ島にはまだまだ今回行かなかったスポットもたくさんあるので、
もう一度行ってみたいと思いました☆

市内から電車で行けて、一日中遊べる島、最高です♪

シンガポールから帰るときの飛行機から・・・

次のアジア旅もおたのしみに☆

この記事のライター

Ayu

アジア大好きな大学院生

最新の投稿


世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

今回も、バックパッカーで訪れた世界遺産の街、カンボジアのシェムリアップについて紹介したいと思います!


カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

今回は、バックパック旅行中のカンボジアの首都、プノンペンで訪れた歴史的な「負の遺産」についてのご紹介です。日本で言うところの原爆ドームのように、それぞれの国には素敵な建築物の世界遺産だけではなく、重い歴史を背負った負の遺産も存在します。


世界遺産!アンコールワットの世界

世界遺産!アンコールワットの世界

今回は、バックパッカー憧れの世界遺産、カンボジアの「アンコール・ワット」についてご紹介します!


「カンボジア」ってどんな国?リアルな途上国の様子をご紹介

「カンボジア」ってどんな国?リアルな途上国の様子をご紹介

アンコール・ワットなどの世界遺産遺跡で有名な「カンボジア」について、バックパッカーで訪れた筆者が、リアルなカンボジアの現状をお伝えしたいと思います!


今日から食べたくなる!旬野菜を食べるメリット4選と日々の生活への活かし方

今日から食べたくなる!旬野菜を食べるメリット4選と日々の生活への活かし方

突然ですが、みなさんは”旬”を意識して生活をしていますか? スーパーに行けば、ほとんどの食材は春夏秋冬問わずに一年中手に入れることができますね。 また、外食をするときにも、わたしたちのまわりには一年中変わらないメニューがあふれています。 いつでもどんなものでも食べられる便利な時代ですが、野菜それぞれの”旬”は、今も昔も変わらずに存在します。 そんな”旬”を見直すメリットと普段の生活への活かし方について、お伝えしたいと思います。