都心でも自然がいっぱい!2016年イチオシなパワースポット行ってきました!

都心でも自然がいっぱい!2016年イチオシなパワースポット行ってきました!

安産祈願、縁結び、商売繁盛、交通安全までご利益たくさんのパワースポット東京の赤坂にある日枝神社について


日枝神社の神様はサル

日枝神社は総本社である日吉大社は山の守り神はサルであるため狛犬ではなく猿が置かれています。

今年は申年なのでよく耳にする方も多いと思いますが、「サル」という音から「勝る」「摩が去る」という意味と、「エン」という読みから縁をつなげるという意味もあります。さまざまなご利益を期待し多くの参拝者が訪れます。この日は休日のお昼頃でしたが20~30人ほどの行列ができていました。

オス猿

本殿に向かって右側に座っているのがオス猿です。
・商売繁盛
・社運隆昌
などにご利益があると言われています。
撫でて帰ると運気が上がるという言い伝えがあります。
優しい顔をして見ているので是非撫でて運気をUPさせましょう。

メス猿と子猿

本殿に向かって左側に座っているのがメス猿です。子ザルを抱いています。
・子宝
・安産
・縁結び
などにご利益があると言われています。
縁結びは女性に大人気のパワースポットです。
オス猿同様に撫でて運気を頂きましょう。

鳥居の形

日枝神社は変わった鳥居の形をしています。
山王鳥居と呼ばれ、日吉神社系列の神社に多く比叡山を表現していると言われています。
神社では珍しく階段の横にエスカレーターが付いています。

御朱印張

番号札がもらえるので受付した後待たずに便利です。参拝者への温かい配慮ですね。

緑が入っていて華やかな印象です。

御朱印張の返却時に参拝記念のしおりとストラップが一緒にもらえます。

気分もリフレッシュなパワースポット

幅広くご利益があり敷地も広く、建物も装飾が鮮やかでじっくりとお参りしたい神社です。
都心でリフレッシュができる日枝神社に参拝してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

関連する投稿


「ほおずき市」ってどんな意味があるの? 夏の風物詩に参加しよう!

「ほおずき市」ってどんな意味があるの? 夏の風物詩に参加しよう!

浅草の「ほおずき市」は有名ですが、実はこのお祭りは各地で開催されているものなんです。皆さんもぜひ由来を知って、さまざまな風物詩に参加してみてください♪


最新の投稿


北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸の地に、江戸時代から港町として栄えた三国町(現・福井県坂井市)という地域があります。先日そこにご縁があって訪れた際、地元食材をふんだんにつかった評判のジェラート屋さんに立ち寄りました。今回の記事は、そのお店や原材料にまつわる物語の、ほんの一端を書いてみました。


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。