国際ゲレンデとなったニセコで異国を感じよう!

国際ゲレンデとなったニセコで異国を感じよう!

NISEKO UNITED. は海外からたくさんの方で賑わっています。そこは海外にいるみたい。


NISEKO UNITED.はニセコアンヌプリ国際スキー場、ニセコビレッジスキーリゾート(旧東山スキー場)、ニセコグラン・ヒラフ、ニセコHANAZONOリゾートの4第ゲレンデが楽しめる。
ニセコまで新千歳からリゾートライナーで2時間半から3時間の位置。

ニセコ・アンヌプリ国際スキー場

コースが長く、ロングクルージングが楽しめます。
天気が良ければ目の前に羊蹄山がそびえ立っている絶好な場所です。

おすすめランチ

NOOK アンヌプリ

ボリューム満点なメニューが多い。

ニセコビレッジスキーリゾート

斜面の変化が面白い。
国際クラスのゲレンデだそうです

おすすめランチ

ザ・ルックアウトカフェ

ニセコゴンドラを下りて右側を滑り下りると見えてくる。
山頂 のレストランです。
アレンジメニューが豊富です。

ニセコグラン・ヒラフ

オールラウンドなゲレンデ。
4つのゲレンデの中で一番混んでいます。

ニセコHANAZONOリゾート

緩斜面が多いゲレンデで、家族連れで楽しんでいる方が多い。
スクールも多く開催されていました。

HANAZONO 308

ニセコ全山共通リフト券

全山共通リフト券買うか、ゲレンデ限定のリフト券を買うか悩むところでしょう。
ゲレンデ移動や夜移動を考えているなら全山共通リフト券の購入をおすすめします。
共通リフト券ならシャトルバスが乗り放題。夜は駅まで運行しています。

http://www.niseko.ne.jp

ニセコ・ビレッジスキーリゾート⇄ニセコアンヌプリ国際スキー場の移動で寄り道

ミルク工房に寄り道しよう!
時間をチェックすれば可能です。
営業時間は18時までなので注意してくださいね

クリームがたっぷり入ったシュークリームやチーズタルトはおすすめです。

ニセコノーザンリゾートアンヌプリ(旧日航アンヌプリホテル)

http://www.niseko-northern.com

ニセコ・アンヌプリ国際スキー場に建つホテル。
目の前にゲレンデが広がる。
こころ温まるおもてなしのあるホテルです。
地元の方もおすすめしています。

四季彩ダイニング あんのん

北海御膳。
北海道の食材を楽しむことができます。

<メニュー>2016年2月10日
先 付 本日の先付
前 菜 三種盛り合わせ
お造り 海の幸三点盛り
煮 物 助子とエビの含め煮
焼き物 ソイのゆず庵焼き
台 物 道産牛のしゃぶしゃぶ
酢の物 もずく酢
食 事 道産米ふっくらりんこ 香の物 味噌汁
甘 味 本日のデザート

モーニングビュッフェ

焼きたてパンがおいしい。
10種類近いプチパンが堪能できます。

ワイポイント

外での食事はTable Search Nisekoというサイトがあるのでお出かけ前にチェック!!
お店の情報も載っています

http://www.foodniseko.com

この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

最新の投稿


世界遺産のヒンドゥー教寺院「プランバナン」に行ってみた!

世界遺産のヒンドゥー教寺院「プランバナン」に行ってみた!

今回は、インドネシアの世界遺産で、ヒンドゥー教遺跡の最高傑作とも言われている「プランバナン寺院群」へ行ってきたので紹介したいと思います!


バリ島に次ぐ人気観光地!インドネシアの古都「ジョグジャカルタ」

バリ島に次ぐ人気観光地!インドネシアの古都「ジョグジャカルタ」

日本の古都、と言えば京都ですよね。インドネシアにも、前回紹介したボロブドゥールなど世界遺産や遺跡が多くある、古都があります。インドネシアのバリ島に次ぐ人気観光地、古都「ジョグジャカルタ」について紹介します♪ 


世界遺産、インドネシアの「ボロブドゥール」に行ってみた!

世界遺産、インドネシアの「ボロブドゥール」に行ってみた!

今回はインドネシアレポートです!世界遺産、さらに世界三大仏教寺院として有名な「ボロブドゥール遺跡」に行ってきましたので、写真とともにお伝えします♪


世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

世界遺産の街!シェムリアップ遺跡

今回も、バックパッカーで訪れた世界遺産の街、カンボジアのシェムリアップについて紹介したいと思います!


カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

カンボジアの恐ろしい「負の遺産」をご存知ですか?

今回は、バックパック旅行中のカンボジアの首都、プノンペンで訪れた歴史的な「負の遺産」についてのご紹介です。日本で言うところの原爆ドームのように、それぞれの国には素敵な建築物の世界遺産だけではなく、重い歴史を背負った負の遺産も存在します。