小さな新春の香りの漂い季節〜 ♪♫

小さな新春の香りの漂い季節〜 ♪♫

もう少しで”桃の節句” 一般に女の子の日 3月3日『お雛様』です。 お子様を持つご家庭ではお正月が過ぎた 今のシーズンお人形を購入されている方が多く購入を悩まれている方が多いです。 旧暦から今年のお雛様は4月9日まで飾って良いのだそうです 2016年のひな祭り3月3日は木曜日、日柄は先勝。


お雛様のお花は、左近の”橘:タチバナ” 右近の”桜:サクラ” ”梅(紅白梅)ウメ” 3種類のお花を目にされていると思うのですが……。

その中でも《梅の花は》
京都御所の正殿である紫宸殿をモデルにしたからだと言われています。実は左近の桜はもとは梅の花で、大正時代に梅が枯れてしまったのをきっかけに桜に植え替えたそうなのです。

京都御所の御座所である御常御殿の壺庭には紅白梅があります。
京都御所がモデルでお雛様に備える花になったそうです。

旧暦の3月3日頃は今の おひな祭りより1ヶ月くらい遅い季節ですから、外の木々が一斉に花を咲かせる春爛漫の季節です。その中でも桃は、中国の国花のような花です。古代中国では三月の上巳の節句に川で禊をして穢れを落とし、桃の花びらを浮かべたお酒を飲み。
その時期に咲き乱れる桃の花のパワーを頂く行事だったそうです。
桃の花は枝いっぱいに花を付け生命力が強いと伝えられ、邪気を祓い、あらゆる病気を治す霊木として尊ばれました。その思想が日本に伝わったので、室町時代頃には3月3日に桃花酒を飲む習わしが生まれ
本来の旧暦では桃の花の方が梅よりも手軽に手に入る季節だったわけで、上記の由来からも今でも桃が切っても切れない関係にあるのです。

日本の地域では、今でも1ヶ月遅れの4月3日が雛祭りの土地がたくさん存在します。
桃の花が3月3日はまだ早い時期の意味が理解できますね…。

街に咲く花から探索してみてはいかがでしょうか? 面白いお話が出てくるかも知れません♪♫

お豆知識として…………………………………

五節句・人生儀礼・季節の行事のほとんどは陰陽道に由来し
五節句は正しくは節供(せちく)といい、季節の変わり目や節目に厄を祓い、無病息災を祈るために、神々に季節の食物を供えたことに由来している神事有り

《五節句》⚫︎正月7日の人日(じんじつ)⚫︎3月3日の上巳(じょうし)
⚫︎5月5日の端午の節句 ⚫︎7月7日の七夕(しちせき)⚫︎9月9日の重陽(ちょうよう)5つの節句を意味しています。

奇数は陰陽道では陽の数字で、本来ならば奇数の重なるこれらの日は縁起の良い日でしたが、奇数と奇数を合わせると偶数が生まれます。偶数は陰の数字であるため、その邪気を祓うために行っていた行事が五節句の始まりです。

《雛祭り》
女の子の誕生と成長を祝う
本来は年齢も性別も関係なく、草や藁(ワラ)で作った人形の体に人間の穢れを移し、健康を祈って災厄を祓うことを目的とした農村儀礼が行われていました。 現在でも、穢れを紙の人形に移して、それを川に流す「流し雛」の風習が残っています。

お雛様は、日本書紀《古事記》に記されている。
⚫︎お内裏様→スサノオ(日本神話に登場する神)⚫︎お雛様→天照大神(太陽を神格化)です。
アマテラスとスサノオの誓約
※詳しくはコチラをどうぞ

  http://ja.wikipedia.org

関連する投稿


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


いっちゃんの東京まち歩き お出かけ編「横浜港・山手・元町・中華街」

いっちゃんの東京まち歩き お出かけ編「横浜港・山手・元町・中華街」

スタート:横浜公園⇒日本大通り⇒山下公園⇒氷川丸⇒ホテルニューグランド⇒マリンタワー⇒フランス山⇒港の見える丘公園⇒外人墓地⇒山手西洋館⇒代官坂を下る⇒横浜元町ショッピングストリート⇒横浜中華街⇒ゴール:横浜公園 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.


いっちゃんの東京まち歩き「東京・築地~佃~月島」編

いっちゃんの東京まち歩き「東京・築地~佃~月島」編

築地本願寺⇒築地川公園⇒浅野内匠頭邸跡⇒芥川龍之介生誕の地⇒慶應義塾大学発祥の地⇒聖路加国際病院前⇒佃大橋⇒佃島⇒住吉神社⇒月島もんじゃストリート⇒勝鬨橋⇒築地本願寺


いっちゃんの東京まち歩きWalking お出かけ「江ノ島」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking お出かけ「江ノ島」編

オリンピック噴水公園⇒弁財天仲見世通り⇒江島神社⇒江島神社辺津宮⇒江島神社中津宮⇒江島展望灯台前⇒山二つ⇒江島神社奥津宮⇒⇒岩屋洞窟前(折返し地点)⇒恋人の丘「龍恋の鐘」⇒児玉神社⇒さざえ島 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください


最新の投稿


北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸の地に、江戸時代から港町として栄えた三国町(現・福井県坂井市)という地域があります。先日そこにご縁があって訪れた際、地元食材をふんだんにつかった評判のジェラート屋さんに立ち寄りました。今回の記事は、そのお店や原材料にまつわる物語の、ほんの一端を書いてみました。


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。