年越し蕎麦(そば)の由来って、たくさんあったのですね!?

年越し蕎麦(そば)の由来って、たくさんあったのですね!?

台東区蔵前にある美味しい蕎麦屋さん「てらさわ」で、行くたびに蕎麦のうんちくを学習しています。ちょうど、年末ということで、店主の呟き”かわら版”は、年越しそばの由来でした。 年越し蕎麦は、江戸時代から庶民の間に定着をみた食習慣のようです。


世直し蕎麦

博多の承天寺で鎌倉時代に年の瀬を越せない人に「世直しそば」としてそば餅を振る舞ったところ、そば餅を食べた人の運が新年早々開けたという説があり、そこから、大晦日に「運そば」を食べる習慣が生まれ「運気そば」「福そば」とも呼ばれて今日まで続いているそうです。

戸隠神社「戸隠そば」

蕎麦の実の特徴

室町時代に、関東三長者の一人”増淵民部”が大晦日に無事息災を祝い「世の中に目出度いものは蕎麦の種、花咲き実り みかどおさまる」と歌って、家人と一緒にそばがきを食べたのが始まりとする三角縁起説があります。
そばの実の形が三稜角(三角錐)で「みかど」です。また昔から三角形は邪気を払う力を持つと信じられていました。

青森の酸ケ湯 「酸ケ湯そば」

寿命蕎麦

そば切りは長く伸びるので、命が延びる長寿や身代が細く長く伸びるようにと願う説で「寿命そば」「のびそば」ともいいます。

福島山都町「山都そば」

年切り蕎麦

蕎麦は切れやすいから、年の労苦や災厄をきれいサッパリ切り捨てようと「縁切りそば」「年切りそば」となったとか!?
また、一年中の借金を打ち切る意味で「借銭切り」「勘定そば」ともいい、必ず残さずに食べなければならない。

越前大野城「越前そば」

金粉集めに蕎麦粉を使う縁起もの

金銀細工師が散らかった金粉を寄せるのに、そば粉を使うため、金を集める縁起で始まったという説

盛岡 「わんこそば」

蕎麦 効能説

「蕎麦は気を降し腸を寛し、能く腸胃の滓穢積滞を錬る」とあります。
蕎麦を食べると新陳代謝により体内を清浄にして新年を迎えられるという蕎麦の効能説があります。
蕎麦にネギを添えるのも、清め祓う神官の禰宜(ねぎ)に通じるからだといいます。

新潟小千谷そば「へぎそば」

蕎麦の打たれ強さ説

蕎麦は、少々の風雨に当たっても、翌日陽がさせば、すぐ起きあがります。
それにあやかって、来年こそはと、捲土重来を期して(失敗してしまった時に、めげずにまた挑戦しようと決意する状況)食べるといいます。

兵庫県 出石(いずし)に到着。時計台、唇鼓楼。「出石そば」

ちなみに、ざる蕎麦でも、かけ蕎麦どちらでもよいそうです。
そして、具にも決まりは無いようですが、薬味にねぎは欠かせません。
上記にもありましたが、ねぎはその発音が神社の神官である「禰宜(ねぎ)」に通じるところから、厄払いをしてくれるといわれているからです。

さて、私の好きな蕎麦屋さん「てらさわ」は、年末も大忙しです。

台東区 蔵前「てらさわ」

この記事のライター

最新の投稿


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!


いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking 番外「横浜みなとみらい」編

桜木町駅前⇒ドックヤードガーデン⇒日本丸⇒汽車道⇒旧横浜港駅跡⇒横浜赤レンガ倉庫⇒象の鼻桟橋⇒大桟橋⇒日米和親条約調印の地⇒横浜開港資料館⇒神奈川県庁⇒横浜開港記念館⇒横浜公園噴水前 このコースをインストラクターと一緒に歩くことができます。 詳しくは http://walkers-hi.jp/ を御覧ください。


「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」に「100万人のキャンドルナイト」はいかがでしょう?

「夏越の大祓」と「100万人のキャンドルナイト」、どちらも聞いたことがあるような、ないような。なんとなく知っているような、知らないような・・。1年の折り返し地点の時期にあるこの2つの行事を改めて振り返ってみて、残りの半年を気持ちよく駆け抜けましょう!