創業160年の歴史あるお宿に泊まってみませんか?

創業160年の歴史あるお宿に泊まってみませんか?

飛騨高山の奥座敷と言われるのにふさわしい旅館。 文化財と指定されています。 ゆっくりした時間が流れます。


飛騨古川にある「八ッ三館」、2014年の12月に訪れました。
創業160年の歴史あるお宿で、建築にも、お料理にも、飛騨の古き技が残っている。
着物を来て訪れたい、そんなお宿でした。
1つ1つの気配りが心地よさを感じました。

明治38年築『招月楼』ロビー

宿に着くと、明治を思わせるような応接間に通され、抹茶と和菓子でおもてなし。

スィートルームの「光月楼 清華」

木のぬくもりを感じれるお部屋
お部屋にはお茶の香炉が あり、お茶の香りで迎えてくれました。

部屋には足湯や露天風呂も備え付けられていました。
とても優しいお湯でした。

職人たちの創作料理

ウエイティンバーでまずは食前酒

お膳が美しい。
器にもられたお料理はそれぞれの味を生かし、そしてお互いがあまりに強調せず、調和していてどれもが美味しい一品でした。
野菜は自家製菜園で作っていらっしゃるそうです。

朝食も美しい

  http://www.823kan.com

八っ三館さんからのメッセージ

大切な方と思い出を作る旅行を真剣にお考えのお客様の心に寄り添い、
思い出の場所やサービスを提供する存在でありたい、また骨休めにお越しいただいたお客様のセカンドハウス代わりとして
心底お寛ぎいただきたい・・・。それが、私どもの願い。

この記事のライター

食べることが好き。旅行することが好き。そんな私が各地見た、食べたをお伝えできたらと思っています。

最新の投稿


イタリア、市場でローマを感じる!テスタッチョ市場

イタリア、市場でローマを感じる!テスタッチョ市場

ローマと言えば、トレビの泉、スペイン広場…と名だたる観光名所がありますが、『ローマの素顔』を感じるならmercato(市場)に出かけるのが一番です!


北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸にスイーツの名店あり。「ジェラート・カルナ」と「おけら牧場」の物語

北陸の地に、江戸時代から港町として栄えた三国町(現・福井県坂井市)という地域があります。先日そこにご縁があって訪れた際、地元食材をふんだんにつかった評判のジェラート屋さんに立ち寄りました。今回の記事は、そのお店や原材料にまつわる物語の、ほんの一端を書いてみました。


美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

美味しい物は旬に食べたい。いちじくレシピのご紹介

いちじくの旬な時期がいつ頃なのか知っていましたか?夏から秋にかけてレストラン、カフェ、バー等では様々ないちじくメニューに出会うことができます。栄養価が高いことで古くから不老長寿の果物とも言われているいちじくについて、主な栄養素とオススメのレシピをご紹介します。


いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

いっちゃんの東京まち歩きWalking「谷根千」編

スタート:上野公園・西郷隆盛像⇒上野大仏⇒国立科学博物館前⇒東京国立博物館前⇒東京芸術大学⇒谷中霊園⇒日暮里駅⇒谷中銀座⇒根津神社⇒弥生式土器発掘の地⇒ゴール:東京大学正門前


復活なるか?「江戸東京野菜」

復活なるか?「江戸東京野菜」

東京は農業がさかん!・・ではないことはなんとなくご存知ですよね。しかし、実は東京でも独自の品種が栽培されているんです。それを認定したものが「江戸東京野菜」。今回はそのストーリーの他、どこへ行けば食べられるのかもご紹介します!